実印について


実印は役所に届け出て、印鑑登録する事で実印となります。実印とは、申請した個人だけの印鑑である事を証明する事ができる印鑑であり、それ故に手彫りで1品ものの印鑑を使用するのが一般的なのです。実印が使用されるのは、住宅や車の購入、借金の連帯保証人などと言った、多額の現金のやり取りが発生する契約の時です。もし印鑑登録する実印という印鑑やその制度がなければ、自分以外の誰かに勝手に悪用される恐れが生じ、社会は大混乱に陥る可能性があります。この様に社会の商習慣として実印の制度が存在するのです。

実印は手彫りで偽物が作りにくければ良いとも言えますが、押印する機会が先に書いた様なケースのため、一般的には印相学に従って氏のみならず名も彫るのが多いものです。やはり重要な契約などが、押印した自分に取って幸せに繋がるものであってほしいと言う想いから、縁起の良い印相学に則った字体で彫ってもらい、自分オリジナルの実印としてふさわしいものを誂える人が多いのです。氏名を彫り込む為に、他の印鑑に比べて直径が少し大きめになり、これもいかにも重要な印鑑だと言う感じを与えてくれるものです。

子供が成人する際に、両親から押印の重要性を伝え、実印用と銀行印用の印鑑セットを贈るもの良いと思います。