印鑑の基礎

印鑑は、実印、銀行印、認印等と区分して呼ばれています。それぞれの印鑑には印材や文字等の規定区分が存在するわけではなく、個人がその様に区分して登録、使用しているに過ぎません。ただ印材に関しては、実印や銀行印はもちろんの事、認印であっても印影が変化する可能性のあるゴム印は使用できる範囲が限られています。宅配便などの受け取りなどでは、ゴム印を応用したXスタンパー(通称シャチハタ)の使用は認められていますが、役所への届出書類、会社での各種手続き等では朱肉を使用する印鑑が必要とされています。

朱肉印が求められる認印は、一般的には機械彫りのいわゆる3文判を使用しているケースが一般的ですが、民法上は実印と同じ効力を持つため、実印を求められない場合であっても、重要な書類に押印する印鑑は、銀行印並みにできれば手彫りの物を用意し、機械彫りの3文判と使い分けるようにするのも1つの知恵と言えるでしょう。

印鑑は、銀行に届ければ銀行印となり、役所に印鑑登録すれば実印となり、先に記載したように高価な印鑑である必要は必ずしもありません。しかし、押印するという行為は様々な事柄に関して自分が承諾した事を示す場合が多く、その押印目的の重要度に応じて、実印や銀行印や重要書類に押す認印はやはり少し高くても良いものを誂える方が良いでしょう。それは、手彫りの高価な印鑑を使う事で、印鑑の偽造を防ぐ効果と共に、印鑑を疎かに扱わず、押印する事の重要性を認識し、その内容などを慎重に判断する事と繋がるからです。

実印について

実印は役所に届け出て、印鑑登録する事で実印となります。実印とは、申請した個人だけの印鑑である事を証明する事ができる印鑑であり、それ故に手彫りで1品ものの印鑑を使用するのが一般的なのです。実印が使用されるのは、住宅や車の購入、借金の連帯保証人などと言った、多額の現金のやり取りが発生する契約の時です。もし印鑑登録する実印という印鑑やその制度がなければ、自分以外の誰かに勝手に悪用される恐れが生じ、社会は大混乱に陥る可能性があります。この様に社会の商習慣として実印の制度が存在するのです。

実印は手彫りで偽物が作りにくければ良いとも言えますが、押印する機会が先に書いた様なケースのため、一般的には印相学に従って氏のみならず名も彫るのが多いものです。やはり重要な契約などが、押印した自分に取って幸せに繋がるものであってほしいと言う想いから、縁起の良い印相学に則った字体で彫ってもらい、自分オリジナルの実印としてふさわしいものを誂える人が多いのです。氏名を彫り込む為に、他の印鑑に比べて直径が少し大きめになり、これもいかにも重要な印鑑だと言う感じを与えてくれるものです。

子供が成人する際に、両親から押印の重要性を伝え、実印用と銀行印用の印鑑セットを贈るもの良いと思います。

銀行印について

実印と同様に重要とされる印鑑に銀行印があります。銀行に口座を起こす時に登録し、書類と通帳にも押印され、必要な時に印影を比べる事で偽物でない事を確認します。お金の出し入れに必要な印鑑であり、機械彫りより偽物が作りにくい手彫りとするのがベターです。それと同時に、お金の出し入れ等にキャッシュカードではなく窓口で手続きをして利用される事が多い場合には、印鑑の周囲が簡単に欠けたりしない印材を使用する事も配慮した方が良いでしょう。

実印や銀行印用に手彫りで彫られる印材としては、木材系や角・牙系や最近では樹脂・金属系も増えています。従来は角・牙系である黒水牛の天然材に人気がありましたが、最近では自然木材を樹脂成分と共に圧縮成形した様な木材の良さを活かしつつ、耐摩耗性を向上させた材質や金属系のチタン材などの人気が高くよく使用されています。

最近ではネットで申し込んで実印や銀行印用の印鑑を購入する事も可能ですが、デパート内や街の印鑑販売店でどの印材に彫ってもらうか、専門家と対話しつつ、また実際に手に取ってその感触を確認して購入するのもお勧めです。銀行印は実印の様に氏名ではなく氏のみを彫るのが一般的ですが、これもお金にまつわる印鑑であり、縁起を担いで印相学に則った字体で彫ってもらう方が多いのです。

参考資料:http://www.e-hankoya.com/